--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.18(Sat):未分類
久々の更新です~!
ちょっとリアの方が忙しくて・・・><

-----本日の記事--------------

全身閃光装備の比較動画。

------------------------------


注:今回の記事は個人的なフィーリング(詠唱の早さなど)による感想が多いので、数ある参考意見の1つとして受け止めていただければ幸いです。

さてさて

だいぶ前の記事で、戦術にはどのスフィアがいいのだろう・・・。というのを書きましたが、その内の全身閃光装備について書きたいと思います。


さて・・・・まずは比較動画からどうぞ~っ



結論から言うと、「魂レイブンまでのつなぎとしては非常に有用!&一式持っておくと結構便利!」という感想です。


しっかし、全身閃光は強烈なものがありますね!ハンパじゃない快適さを誇ります。

ただ、閃光装備にすると火力が落ちるので、一概に最有力スフィア・・・とは言い切れない部分もあります。




そこで、今回は
A.ダンジョンでの場合
B.FMPTでの場合
C.ソロでの場合
に分けて考察していきます!



A.ダンジョンでの場合(難魔獣、輪廻を除く)  閃光装備のメリット ★★☆

主なメリット
+高火力PTで一回あたりの戦闘が短くなっても、詠唱が早い分きっちりと火力を出せる+
+紅炎などの詠唱が長いスキルでも自分の範囲攻撃の間に挟んでいける+
+キュアの詠唱が速くなる分、詠唱時間に対して結構な回復量を誇るようになる+

主なデメリット
-スキルによっては知恵や冥想装備に比べ火力が劣る-
-詠唱が早くなった分、MPの消費が早くなる-



詳細
上記のとおり、高火力PTで、短時間戦闘になっても、きっちり火力を出せていけるというのが大きいです。(例として、紅炎の詠唱中に戦闘終了・・・なんてことがなくなる)

火柱を立てるスピードがかなり早く、戦闘一回当たりの火柱の本数が多くなるので、火柱(&バースト)をガンガン打っていくことができ、かなり高火力となる。

また、火柱は高精錬した魂レイブンでない限り、武器によってあまり火力が変わらないので、閃光装備とはかなり相性がいいです。

さらに、キュアの詠唱が結構はやくなるので、いざという時に、救いの一手となるときもある。

単体相手だと、閃光装備の方が総合ダメージは上回ることが多い。また、これは全体に言えることだが、詠唱が早くなった分さまざまな場面で小回りができるようになる。


その反面、バースト、メテオや紅炎のダメージが減るのが、痛い。


特にバーストは熟練強化済みの場合3秒に一回使うことができ、詠唱なしのスキルのスキルなので、閃光装備とは相性が悪い。

また、MPの消費の早さは結構なものなので、POTガブ飲みは必須となる。さらに、高精錬の魂レイブンと比べると、やはり総合火力は眼に見えて劣るらしい。



B.FMPTの場合 閃光装備のメリット★★★

主なメリット
+詠唱が短い分、一回の戦闘がかなり短いFMPTでもきっちりと火力を出せる+

主なデメリット
-Dほどではないが、MP消費がちょっぴり早くなる-


詳細
FMPTでは、閃光装備の恩恵が非常に大きい。詠唱スキルが多い元素にとっては、FMは非常に苦しい分、閃光装備のおかげでずいぶん快適になる。紅炎などは、FMPTで使えばかなりの火力となるので、自分が貢献している感がちゃんと得られるのもいいところ(笑)ちなみに、閃光+加速スフィアをつければもっと完璧になる。



C.ソロの場合
  
主なメリット
+詠唱が早い分、ソロでの快適さは相当なもの+
+ソロ範囲では、閃光装備のおかげで同格のMOBでもやり合えるようになる+

主なデメリット
-PTのときのバフが全くないので、MP消費がかなり早い-


動画 閃光装備でソロ範囲。lv69パケなし(炎の覚醒&PB未習得)。 相手→lv69寒風の風守





詳細
ソロの時の閃光装備はかなり快適。また、ソロ範囲もやりやすくなる。(詠唱が早くなった分、ショックの転倒時間の間に、バースト→メテオ→紅炎→バースト→防御強化 が入りきる。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。